NAGATA'sCRAFT

模型、設計、造形、裁縫、なんでも作ろうクラフト生活!

インダストリアルクレイ

 はろー!

今回から造形に入るわけども、今回から導入した新しいグッドフレンドを紹介します><

その名も、インダストリアルクレイ!

f:id:nagatakatsuki:20150610051625j:plain

キャー!すっごーい!(デリンジャー風)

 こいつは車の模型とかに使用されるやや特殊な硬質油粘土であります。

温度が上がると柔らかくなり、冷えると固まります!

アマゾンで適当に購入…

パッケージだけだと少ないと思ったんだけど、よく見ると割とビッグでした(笑)

二つも買っちゃったよ最高だぜ。

 

初めて使うものだからちょっと使用感が不安だったんですが、割と指で削ぎ取れます。

ペットボトルのフタでザクッと塊を拾って、こねこね。

f:id:nagatakatsuki:20150610051615j:plain

 おぉん!!いいじゃない!!

使用感バッチシ!

油粘土より硬く、めちゃめちゃくっつきやすいです!

すごく丈夫で、レオンクレイで造形してた時に比べるととてもやりやすいですぞー!

おぉん!!

何より油粘土よりも手がベトつかないのが本当に最高。

あれ結構厄介だったからなぁ…。

 

f:id:nagatakatsuki:20150610051617j:plain

 横から

 

f:id:nagatakatsuki:20150610051618j:plain

 後ろから

 

f:id:nagatakatsuki:20150610051619j:plain

 また横から。

これくらいのディテールならわりかし初めての人でもできますね。

正しい形かどうかは置いといて、筋肉のパーツごとに順番にくっつけていくだけで大丈夫でした。

でも、やっちゃいけないことが一つ。


掘って形を出そうとしないこと。

彫刻家ならいけるんだろうけど、筋肉は一個一個追加していく形で増やさないと形がずれた時に全部ズレます。

少なくとも難易度が跳ね上がるのは確実!

まずは身体の芯を適当に作り、背中は後回しで胸と腹筋を造形。

正面、横からみてイラストとズレが無いことを確認し、背中にも粘土を盛り付けていきましょうね!

背中と肩は筋肉より骨の形を作って盛るといいです。

ビスケット・オリバみたいな超筋肉作るなら別かもしれませんが(笑)

 

f:id:nagatakatsuki:20150610051621j:plain

 お帽子。

 

f:id:nagatakatsuki:20150610051622j:plain

f:id:nagatakatsuki:20150610051623j:plain

f:id:nagatakatsuki:20150610051620j:plain

f:id:nagatakatsuki:20150610051624j:plain

 帽子はかなり小さく作ってしまったので、後で一からやり直します。

時にはダイナミックに切り捨てるのも大事ね。

修正するより初期化したほうが楽な場合もあります。


ここからデリンジャーの頭を作成するのだけど、実はノリノリで作業してたら緊急で始発の仕事が入っちゃったのね…。

 今日帰ってできたらやろうと思います。

考えているのは、帽子から作ること。

絵と違ってね、頭部を作成してから作ろうとするとそれはそれで大変だと思いました。

なんというか、伝わりにくいと思うんだけど、球体に髪の毛を盛ると崩れると思うの。

だから頭はガッツリと四角く切り抜いて、髪の毛は頭じゃなくて帽子に盛りつけようと思ってます。

それと、細かく作るとおゆまるで型抜きが難しい気がするんだよね。

一応やってみるけど、ダメだったらシリコンをやってみます。


油粘土から原型モデルに置き換える方法はそんなにマイナーな話じゃなく、割とみんなやってることみたいです。

その先人様のブログなんかを漁りまくった結果、今回インダストリアルクレイに出会うことができました!

胸像フィギュアなら塊一つで作りきれそう><

今後はこの粘土を使用しながら、造形練習も兼ねて何回もテスト造形をしていく所存です。


割となんとかなりそうだ!

頑張ろう!!

本日はここまで!